2014年03月23日

3月23日の記事





この時期でしょうか、和歌山を離れる方を見送る機会が多いです。


見送る自分もその運命の中に生きているように思います。



 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。